更年期、エストロゲンを補うためにサプリを利用する

更年期は人により異なりますが、だいたい40代後半から50代後半に訪れると言われています。この時期には心身に対して様々な不調が出やすくなります。これは女性ホルモンの分泌量が著しく減少し、またそのバランスが崩れるためです。特に女性ホルモンの内、エストロゲンには、女性の心身のコンディションを健やかに保つ作用があります。また健康に対しての作用も大きいため、更年期になると不調や健康トラブルが出やすくなります。これに対する対策としては、ひとつはサプリを利用するのが方法です。薬のような即効性を期待することはできませんが、少しずつ状況を改善していくことが期待できます。更年期、エストロゲンの減少に働きかけることが期待できる更年期サプリとしては、ひとつは大豆を利用したものが良いとされています。大豆に含まれているイソフラボンは、エストロゲンと似た構造をしていることから、それと同様の効果が期待できるためです。また最近では、イソフラボンの中に含まれているエクオールと言う成分にも、同様の作用があるとされているので、これらを摂取することは更年期の症状の改善などに良い影響が期待できます。それから女性ホルモン全体のバランスを整えるには、チェストベリーもおすすめです。これは、女性ホルモンの一種、プロゲステロンの分泌を正常にする作用があると言われています。プロゲステロンの分泌が過剰になり過ぎると、体や心に対する不調が引き起こされやすくなるので、こちらの面から整えると言うのも良いことです。